#012 ストレングス・ファインダーの個人セッションを受けて、自分の強みの使い方がわかりました【感想】

こんにちは、桔梗です。

いきなりですが、自分の強みは何か分かりますか?

長所と短所は結局同じですが、いまいちわからない人も多いと思います。

「自分はこれが強みだ!」と思って行動しても「あれ? 何かが違う」と思うときがあると思います

しかし、それはあなたの一側面しか見ていないからかもしれません。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』では、強みを複数示してくれます。

しかし、これだけでは活かし方がわからない人・とある資質が強みに入っているけど、そう思えない人等いると思います。

私もそうでした。

しかし、静さんの個別セッションを受けて、活かし方・どの資質が強みであると同時に暴走しやすいのかがわかりました。

今回は個別セッションを受けた感想です。

個別セッションを参加した理由はピンときたから(共感性)

きっかけはストレングス・ファインダーに全く関係なく、ビジネスに関する記事を探しているときに静さんのブログを発見しました。

そもそも、私がストレングス・ファインダー2.0を受けたのは2019年夏頃です。

その頃、就職先の人間関係に悩んでいました。

そんな中、たまたま本書を見つけ、ふと「自分の強みか……悩んでばっかで頭の中ぐちゃぐちゃだから整理するために読もう」と思ったのが購入のきっかけです。

そのときは強みトップ5だけ知ればいいと考え、トップ5の結果だけ見ました。

このテストを受けた直後から、幸いなことに人間関係の悩みが落ち着き、約1年と半年の月日が流れました。

そして、2020年10月下旬にたまたま静さんのブログを発見し、記事を読んでいると「ストレングス・ファインダーの個別セッションをやっています」といった記事を見つけ、ピンときたので申し込みをしました。

私の強みトップ5は内省・収集心・学習欲・共感性・運命思考です

私の強みトップ5は

・内省(じっくり考えるのが好き)
・収集心(必要なときに必要な物や情報を集める)
・学習欲(好きなものを好きなだけ集める)
・共感性(自分を他者の状況や感情に置き換えて考えられる)
・運命思考(大きな輪の中の一部だと考えている)

です。

テストを受けた直後は内省・収集審・学習欲は納得しましたが、共感性・運命思考はいまいちわかりませんでした。

また、これがどう繋がっているのか・どう活かせばいいのかわからず、放置……。

そして、個別セッションを受けるのに全部の資質の順位を知る必要がある、とのことで、このとき初めて全部の資質の順位を知ることになりました。



まず、この結果の感想は「色が偏ってるな~」でした。

そもそも、それぞれの資質がどれにカテゴライズされるかを知らずに受けていたので、私の上位資質(自分の強み)が思考を中心に構成されていることに初めて気づきました。

資質と資質の間に黒い線が引かれていますが、これは自分の上位資質・中位資質・下位資質に分けた線です。こちらは静さんが当日引いてくれました。

・上位資質:自分の強み
・中位資質:使えるけど、得意ではない資質
・下位資質:この資質を使おうとすると、パソコンでいう強制シャットダウンする資質

上記強みトップ5はあくまでもトップ5であり、強みそのものは平均6~14つほどあり、この全体像が見えないと活かし方等の分析は難しいとのことです。

私の失敗パターンは学習欲が暴れまわることで、成功パターンはきちんと目的・目標をはっきりさせること

当日は静さんから質問したり、私が具体例を交えながら答えつつ、私から質問したり……と話が進み、結果的に以下のような分析結果になりました。



これ、思い当たる節しかないです(笑)

例えば、高校生のときに参考書や問題集を買おうとして、ネットで調べて、本屋で中身を確認し、購入しました。

そして、いざ勉強をしていると「もっといいやり方があるのでは?」と考え、またネットで探して……結局、何がいいのかわからず、何もしないということがありました。

他にもこのようなことがあったのを思い出しつつ、これを見ると失敗原因は「目的がはっきりしていないから」だと気づきました。

さきほどの例ですと「そもそも自分はなぜ勉強しているのか」

仮に大学合格だとして、どのレベルを目指しているのかがはっきりしていなかったので、結果的に失敗ばかりしていました。

これは、さきほどの分析結果だと「内省~収集心」を飛ばした結果、学習欲が大暴れをして、原点思考でストップがかかったというパターンです。

逆に言えば運命思考でピンときても、「内省~収集心」を踏んだ上で原点思考に進めば、学習欲の出番を控えさせ、自分なりの最適解を導き出して実行に移せば、むしろ成功するパターンになることがわかりました。

ちなみに、高校生のときはその後、自分なりに目的を見つけて成績をあげました。
(結局、のちのちその目標は果たせられないことを知りましたが、成績を上げるコツをつかめたのでいっかな~と気楽に考えました)

私は個人セッションを受けて、とてもよかったと思っています。

このように上位資質の立ち位置を知ってから過去の失敗パターンや成功パターンを思い出すと「思い当たる節が……」と思う方は多いと思います。

私は個別セッションを受けて、とてもよかったと思います。

学習欲がしょっちゅう大暴れするので、どうしたものか……と考えていたので、どうすればいいかハッキリしましたし、自分がどこで躓くのかもわかりました。

もし、何かストレングス・ファインダーの結果を活かせていないと思った方は一度受けてみるのをお勧めします。

静さん自身も優しい方で、否定せず話を聞いてくれるので、怖がる必要はないかと思います。

値段が高いと思う方もいらっしゃるとは思いますが、せっかく自分の強みが分かったのですから、強みを整理することで、後々自分がつまずいたときに振り返ることができます。

振り返ることで気づきが得られます。

その気づきでさらに強みが強化できれば、安いものかと思います。

但し、強みを強化すると短所も強化されますので、そこはご自身とご相談ください。

私の課題

私の失敗・成功パターンがわかり、私はどちらかといえばオールマイティ寄りだとわかりました。

それと同時に、私の専門分野をどれにするかという悩みも浮上しました。

とりあえず、薄利多売の営業はあまり向いていないと分かったので、それは避けたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *